キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 監理技術者の途中交代 : 監理技術者ガイド

監理技術者の途中交代

監理技術者ガイド

監理技術者の途中交代について

監理技術者の途中交代

受注額が3000万円を超えるような場合には主任技術者の代わりに監理技術者を配置する必要があるということを先ほどは紹介しました。

基本的には監理技術者というのはその現場にいてその工期中は建設現場の技術の水準について管理する必要があります。

そのため途中で交代するということは通常はありません。

また工事の適正な施工の確保という面からも好ましくないと言えます。

しかし中にはもちろん例外があります。

例えばその工期中に監理技術者が死亡した場合には続けることは不可能なので交代があります。

それと同様に傷病や退職などのやむをえない場合には工期の途中での交代が認められます。

それ以外にも、受注者の責によらない理由での工事の中止や工事の変更などがあった場合や、契約期間が多年に及ぶ場合などに関しては監理技術者の途中交代も認められます。

その場合でも発注者との協議が必要です。

人気記事ランキング!